ドコモは高い?

日本には大手キャリア(携帯電話会社)といえばドコモ、ソフトバンク、auです。

その中でもドコモは携帯電話の契約数でトップシェアを誇り、地方でも他のキャリアに比べて電波が入りやすい、といった話をよく聞きます。

そんなドコモですが料金が高い、といった話もまたよく聞かれます。

スポンサーリンク

大手キャリアの料金プランの比較

以下は大手キャリアのiPhone向け料金プランの比較表です。

キャリア 料金プラン 月額料金 定期契約
解除料
データ量 データ
超過後速度
無料通話オプション
5分以内 かけ放題
ドコモ ギガライト 2,980円 ~
5,980円
1,000円 1GB ~ 7GB 128kbps 700円 1,700円
ギガホ 7,150円 30GB 1Mbps
ソフトバンク ミニモンスター 3,980円 ~
8,480円
1GB ~ 50GB 128kbps 500円 1,500円
ウルトラギガモンスター+ 7,480円 50GB
SNS
動画
au 新auピタットプランN 2,980円 ~
5,980円
1,000円 1GB ~ 7GB 128kbps 700円 1,700円
auフラットプラン7プラスN 5,480円 7GB
SNS
メッセージ
300kbps
フラットプラン25
Netflixパック
7,150円 25GB
Netflix
ビデオパス
128kbps
au データMAXプラン
Netflixパック
7,880円 使い放題
(テザリング、データシェア、
世界データ定額は2GB)
au データMAXプラン Pro 8,980円 使い放題
(テザリング、データシェア、
世界データ定額は20GB)
  • 金額はすべて税別です。
  • ドコモとauの月額料金は定期契約の場合です(6ヶ月継続で違約金のモトを取れるので)。
  • 契約後xxヶ月までといった割引は含めていません(通常、割引終了後のほうが長期になるので)。
  • 家族割引は含めていません。

ソフトバンクよりは安くauと変わらない

ドコモの料金プランは「ギガライト」と「ギガホ」の2種類しかありません。

ギガライトはライトユーザー向け、ギガホはヘビーユーザー向けという位置づけでしょう。

ソフトバンクよりは安い

ソフトバンクもドコモと同じくライトユーザー向けの「ミニモンスター」とヘビーユーザー向けの「ウルトラギガモンスター」の2種類です。

ミニモンスターは最低月額料金が3,980円とドコモより1,000円高く、さらにデータ量が2GBを超えるとウルトラギタモンスター+より高額になります。

ギガホの7,150円はウルトラギガモンスター+の7,480円より300円安いですが、データ量は30GBまでです。

そのため、月に30GBを超えるユーザーはドコモを選択できません。 ソフトバンクオンラインショップ

また、ソフトバンクはキャッシュバックキャンペーンが頻繁に実施されており、キャンペーンが利用できれば実質的に安く使えることになります。

キャンペーン

ソフトバンクへの新規契約・MNPで2万円(電気通信事業法の上限)、機種変更で5千円がキャッシュバックされるキャンペーンが実施されています。

料金プランはどれでもOKです。

iPhoneと回線のセット契約が条件です(SIMのみ、iPhoneのみは対象外)。

PayPayボーナスライト10,000円分がもらえるクーポンは5月31日までの期間限定で1つのYahoo Japan IDで3枚まで利用可能です(ソフトバンクオンラインショップでは1枚までしか利用できません)。

詳細は以下のサイトで「お問い合わせする」をクリックし、「お問い合わせ内容」欄にキャンペーンコード2222を記載して問い合わせてください。

auの2つのプランとほぼ同じ

auは料金プランが5種類もあります。

その5種類のうち、最もライトユーザー向けの「新auピタットプランN」がドコモのギガライトとほぼ同じ内容です。

ヘビーユーザー向けでは「auフラットプラン25 Netflixパック」がドコモのギガライトと最も近いです。

ただ、auフラットプラン25 Netflixパックはその名の通り、Netflixという動画配信サービスとauが運営しているビデオパスという動画配信サービスがセットになっています。

そのため、同じ金額を払うのであればドコモより動画配信サービス付のauのほうが・・・、となりそうです。

ドコモにはサブブランドがない

サブブランドとは大手キャリアが運営する格安携帯電話サービスです。

大手キャリア サブブランド
ドコモ なし
au UQ mobile
ソフトバンク Y!mobile

auがUQ mobileというサブブランドを、ソフトバンクがY!mobile(ワイモバイル)というサブブランドを運営しています。

しかし、ドコモにはサブブランドがありません。

ありません、というよりはドコモは電気通信事業法の規制のためにサブブランドを持つことができません。

サブブランドは大手キャリアと同じ回線を安い料金で提供するため、回線速度にはこだわるがドコモなどのブランドにはこだわない、という人には大変お得なサービスです。

サブブランドの料金プランの比較

サブブランド 料金プラン 月額料金 データ量 データ繰越 データ
超過後速度
無料通話オプション
月60分まで 10分以内
UQ mobile スマホプランS 1,980円 3GB 翌月まで 300kbps 500円 700円
スマホプランM 2,980円 9GB
スマホプランL 3,980円 14GB
Y!mobile スマホベーシックプランS 2,680円 4GB 不可 128kbps 0円
スマホベーシックプランM 3,680円 12GB
スマホベーシックプランL 4,680円 17GB
  • 金額はすべて税別です。
  • 契約後xxヶ月までといった割引は含めていません(通常、割引終了後のほうが長期になるので)。
  • 家族割引は含めていません。
  • Y!mobileは無料のデータ増量オプションを含めています(無料なのに使わない人はいないでしょうから)。

最大23,000円相当の特典

Y!mobile(ワイモバイル)へのMNP、新規契約では以下の特典がゲットできます。

au、ドコモ回線
からのMNP
ソフトバンク回線
からのMNP
新規契約
キャッシュバック 20,000円 10,000円 20,000円
PayPayボーナスライト 3,000円 3,000円 3,000円
合計 23,000円相当 13,000円相当 23,000円相当

最大の特典をゲットするためにはまず「どこでももらえる特典」にエントリーします。 どこでももらえる特典にエントリーする

エントリー後に「ヤングモバイル」でキャッシュバックの詳細を確認します。

コメント