ChromebookでマイクロソフトOfficeを使う

ChromebookでマイクロソフトOfficeは使えるのでしょうか。

3種類のマイクロソフトOffice

マイクロソフトOffice(Excel / Word / PowerPoint)には3種類が存在します。

Chrome OS 備考
デスクトップ版Office× WindowsやMacでもっとも使われているOffice
Office Onlineブラウザで動作するOffice
Office MobileAndroid、iPad、iPhoneで動作するOffice

WindowsやMacでもっとも使われているデスクトップ版のOfficeはChromebookには対応していません。

そのため、デスクトップ版Officeを使うにはChromebookでWindowsを使えるようにする必要があります。

ただ、そんなことをしなくても次のいずれかの方法であればWindowsがなくても使えます。

  • ChromeブラウザでOffice Onlineを使う
  • AndroidアプリとしてOffice Mobileを使う
スポンサーリンク

Office OnlineとOffice Mobileの比較

Office OnlineとOffice Mobileは性格がかなり異なります。

Office OnlineOffice Mobile
無料利用 商用利用 ×
機能制限 Officeスクリプト ファイル編集など
ライセンス
利用
個人向け×
法人向け
教育機関向け
機能 プラットフォーム Chromeブラウザ Androidアプリ
マクロ Officeスクリプト ×
マルチウインドウ ×
オフライン使用 ×

Office Online

Chromebookではタブレットやスマホ向けに最適化されたOffice Mobileよりもデスクトップブラウザに最適化されたOffice Onlineのほうが使いやすいです。

マルチウインドウでExcelとWordを同時に表示するような使い方もでき、Officeスクリプトも使えます。

Chromeブラウザで「OneDrive」を開き、「新規」メニューから「Word文書」や「Excel」文書を選択、またはOneDriveに保存されているExcelファイルやWordファイルを選択すると使えます。

ただ、商用利用(仕事に使う)するためにはMicrosoft 365 Business Standardのような法人向けライセンスが必要です。

無料利用では商用利用はできずOfficeスクリプトも使えません。

Office Mobile

Office Mobileはインターネット接続が必須なOffice Onlineと違い、オフラインでも使えるメリットがあります。

Microsoft Office: Word、Excel、PowerPoint など
Microsoft Corporation

Google Playからのインストールは無料ですが事実上、無料では使いものになりません。

ライセンスがないとファイルを表示できるだけで編集できないためです。

正確にはスマホなど画面の小さい端末であれば無料でもファイル編集できますが、もちろんChromebookにはあてはまりません。

Office Mobileのライセンスは個人向けであるMicrosoft 365 Personalが使えます。

スポンサーリンク
PC
備忘録

コメント