Windows RTのブラウザ

Windows RTではChromeが使えない

Surface RTを購入して間もない頃、RTの標準ブラウザのIE(Internet Explorer)が使いづらいため、Chromeをインストールしようと思いました。

Surface RTのOSであるWindows RTはWindowsストアアプリしかインスールできません。

そこでWindowsストアからGoogleのChromeをインストールしようとしたのですが、、、

あれ? Chromeがない!

スポンサーリンク

Windows RTではChromeが使えない

そういえばRTでないWindows 8.1版のChromeはWindowsストアではなく、Googleのサイトからダウンロードしたのでした。

ChromeはモダンUIに対応しているため、ストアアプリだと思い込んでいました。

しかし、実際には「モダンUIにも対応したデスクトップアプリ」です。

Windows RTではデスクトップアプリであるChromeは動作しません。

もし、ChromeがストアアプリでればWindowsストアからダウンロードでき、Windows RTでも動くのでしょうが。

ストアアプリ版のIEは存在しない

Windows RTにもWindows 8.1にも2種類のIEがあるように見えます。

デスクトップアプリ版IEとストアアプリ版IEです。

しかし、実際にはIEもChromeと同様、デスクトップアプリ版IEがモダンUIにも対応しているだけです。

それならChromeはモダンUIはなぜWindows RTで動かないのに、IEのモダンUIはWindows RTで動くのか?

Windows RTのデスクトップアプリは端末にプリインストールしてリリースするしかないからです。

つまり、Windows RTのデスクトップアプリを開発できるのはマイクロソフトと端末メーカーだけです。

Windows RTのストアアプリ版IEでgoogle検索する

Windows RTのデスクトップ版のIEでは検索プロバイダとしてGoogleやYahoo!などを任意に追加できました。

しかし、ストアアプリ版IE(前述の通り、正確にはIEのモダンUIですけど)では検索プロバイダをデフォルトのBingから変更する方法を見つけられませんでした。

そのため、GoogleがWindowsストアで配布している「Google Search」アプリをインストールしました。

Google Search

Chromeと違ってWindows RTでも動作します。

検索結果はGoogle Searchアプリ内に表示するかIEで表示するか設定可能です。

モダンUIで検索する時は面倒ですが、このGoogle Searchアプリを起動してGoogleで検索していました。

Windows RTの問題の最終解決

私がSurface RTを購入したのは外出先でマイクロソフトOfficeを使いたかったためです。

軽量なPCとしてはミニノートがありましたが、性能が悪くてOfficeをまともに使えませんでした。

そのため、店頭のSurface RTでOfficeがサクサク動いているのを見てとびついたのです。

外出先でOfficeを使う分にはSurface RTは最高のPCでしたが、Surface RTのOSは一般のWindowsアプリが使えないWindows RTです。

上記のChromeを含むOffice以外のアプリでは使えない、という大きな問題がありました。

Surface RTの後継機であるSurface 2が登場してもこのアプリの問題は改善されませんでした。

しかし、Surface 2の後継としてSurface 3が登場するとまったくとんでもない形で問題が解決しました。

なんとSurface 3ではWindows RTではなく、通常のWindowsが採用されました。

それでいて重量は 622 gとSurface RTより軽いのです!

これでWindows RTはめでたく終了となりました。

まあ、このSurface 3は軽いWindows PCが欲しい人には最適な機種ではありますが。。。

Surface買い替え応援キャンペーン

2016年12月31日までマイクロソフトストアではSurface買い替え応援キャンペーンを実施しています。

もしキャンペーン買取対象製品を持っていればSurfaceを安く購入できます。

買取対象機種はデジタルリユース社の買取可能機種なのですが、Surface RTも買取可能となっています。」

キャンペーンでは通常査定額に以下を上乗せした金額が買い取り金額となります。

買取機種 買い取り金額
Surface以外のPC 通常査定額 + 2,000円
Mac、iPad 通常査定額 + 3,000円
Surface 通常査定額 + 5,000円

そのため、この機会にWindows RTのSurfaceをWindowsのSurfaceに買い換えるのがおすすめです。

このキャンペーンの利用の流れは以下の通りです。

  1. マイクロソフトストアでSurfaceを購入します。
  2. Surface買い替え応援キャンペーンのページの一番下にある「お申し込みはこちら」ボタンを押下し、マイクロソフトストアが発行した注文番号と買取品の引取日を入力します。
  3. 指定した引取日に買取品を引き取りに来ます。
  4. 買い取り金額が入金されます。
スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)
Microsoft Public Affiliate Program (JP)