Windows RTのブラウザ

Windows RTではChromeが使えない

Surface RTを購入して間もない頃、RTの標準ブラウザのIE(Internet Explorer)が使いづらいため、Chromeをインストールしようと思いました。

Surface RTのOSであるWindows RTはWindowsストアアプリしかインスールできません。

そこでWindowsストアからGoogleのChromeをインストールしようとしたのですが、、、

あれ? Chromeがない!

スポンサーリンク

Windows RTではChromeが使えない

そういえばRTでないWindows 8.1版のChromeはWindowsストアではなく、Googleのサイトからダウンロードしたのでした。

ChromeはモダンUIに対応しているため、ストアアプリだと思い込んでいました。

しかし、実際には「モダンUIにも対応したデスクトップアプリ」です。

Windows RTではデスクトップアプリであるChromeは動作しません。

もし、ChromeがストアアプリでればWindowsストアからダウンロードでき、Windows RTでも動くのでしょうが。

ストアアプリ版のIEは存在しない

Windows RTにもWindows 8.1にも2種類のIEがあるように見えます。

デスクトップアプリ版IEとストアアプリ版IEです。

しかし、実際にはIEもChromeと同様、デスクトップアプリ版IEがモダンUIにも対応しているだけです。

それならChromeはモダンUIはなぜWindows RTで動かないのに、IEのモダンUIはWindows RTで動くのか?

Windows RTのデスクトップアプリは端末にプリインストールしてリリースするしかないからです。

つまり、Windows RTのデスクトップアプリを開発できるのはマイクロソフトと端末メーカーだけです。

Windows RTのストアアプリ版IEでgoogle検索する

Windows RTのデスクトップ版のIEでは検索プロバイダとしてGoogleやYahoo!などを任意に追加できました。

しかし、ストアアプリ版IE(前述の通り、正確にはIEのモダンUIですけど)では検索プロバイダをデフォルトのBingから変更する方法を見つけられませんでした。

そのため、GoogleがWindowsストアで配布している「Google Search」アプリをインストールしました。

Google Search

Chromeと違ってWindows RTでも動作します。

検索結果はGoogle Searchアプリ内に表示するかIEで表示するか設定可能です。

モダンUIで検索する時は面倒ですが、このGoogle Searchアプリを起動してGoogleで検索していました。

Windows RTの問題の最終解決

私がSurface RTを購入したのは外出先でマイクロソフトOfficeを使いたかったためです。

軽量なPCとしてはミニノートがありましたが、性能が悪くてOfficeをまともに使えませんでした。

そのため、店頭のSurface RTでOfficeがサクサク動いているのを見てとびついたのです。

外出先でOfficeを使う分にはSurface RTは最高のPCでしたが、Surface RTのOSは一般のWindowsアプリが使えないWindows RTです。

プリインストールされたマイクロソフトOffice以外のアプリはChromeも含めて使えない、という大きな問題がありました。

Surface RTの後継機であるSurface 2が登場してもこのアプリの問題は改善されませんでした。

しかし、Surface 2の後継としてSurface 3が登場するとまったくとんでもない形で問題が解決しました。

なんとSurface 3ではWindows RTではなく、通常のWindowsが採用されました。

それでいて重量は 622 gとSurface RTより軽いのです!

これでWindows RTはめでたく終了となりました。

まあ、このSurface 3は軽いWindows PCが欲しい人には最適な機種ではありますが。。。

Surface 3 (サーフェス 3)の価格
Surface3  (サーフェス 3)を購入してからだいぶ経ちました。 購入した時よりだいぶ安くなったようなので、Surface 3の...
スポンサーリンク