Windows 8.1にデジカメ写真を取り込む

デジカメ

家族はMacではなくWindowsを使っているのですが、バソコンをWindows 7からWindows 8.1にした時にデジカメ写真の取り込みができなくなった、と言われましたことがありました。

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)

Windows 7のデジカメ写真の取り込み

Windows 7を使っていた頃はパソコンのメモリーカードスロットにデジカメのメモリーカードを挿入すると、「自動再生」のウインドウが開いていたはずです。

画像とビデオの読み込み

そして、「画像とビデオの読み込み」を撰択すると、写真のファイル名、フォルダー名、取り込んだ写真をメモリーカードから消去するか否かなど、写真取り込みの設定をしていました。

Windows 8.1のデジカメ写真の取り込み

では、Window 8.1パソコンにメモリーカードを挿入すると「メモリカードに対して行う操作を選んでください」の画面が出て「写真とビデオの読み込み」までは、Windows 7とほぼ同じでした。

しかし、起動してきたのは全画面を占有する無機質でタッチ操作が前提のストアアプリでした。

これじゃあWindows 7以前からWindows標準機能でデジカメ写真を取り込んでいた人は混乱しますよね。

家族が使っているのはWindowsタブレットではなくノートパソコンなのでタッチで操作する気などさらさらありません。

それでも一応はWindows 8.1の標準機能であり、マウスでも一応は使えるのでデジカメ写真取り込みを試してみたところ、Windows 7でできていた写真取り込みの様々な設定ができなくなっていました。

Windows 7と同等の写真取り込み機能が隠れていないか探してみたのですが見つかりませんでした。

呆れたことにWindows 8.1標準の写真取り込み機能は使いづらいストアアプリになっただけでなく、取り込み機能もWindows 7から退化したということです。

 フォトギャラリーで写真を取り込む

Windows 8.1標準の写真取り込み機能が使い物にならないなら、デジカメ写真を取り込めるソフトをインストールすればいいのですが、使い方が難しいソフトは家族を混乱させるので入れたくありません。

そこで操作が簡単な「フォトギャラリー」をインストールすることにしました。

フォトギャラリーはマイクロソフトがWindows Essentialsの一部として無償提供しています。

Windows 8.1に標準インストールしておけばいいのに、、、とは思いますが、写真取り込みもタッチ操作のストアアプリを標準にしたいんでしょうけどね。。。

Windows Essentialsをダウンロード

インストーラを実行すると「インストールするプログラムの選択」画面が出るので、「フォトギャラリーとムービーメーカー」にチェックし、「インストール」をクリックします。

インストールするプログラムの撰択

これでフォトギャラリーのインストールは終わりなのですが、家族がWindows 8のスタート画面からこのアプリを起動するのは無理(笑)です。

そこでアプリ一覧から「Photo Gallery」のアイコンを探し、右クリックして「タスクバーにピン留めする」を選択します。

フォトギャラリーのアイコン

これで画面下部のタスクバーからフォトギャラリーを起動できるようになります。

起動すると「電子メールでアドレスでサインイン」の画面が出る場合がありますが、デジカメ写真を取り込むだけなら「キャンセル」して先に進めます。

パソコンにデジカメのメモリーカードを挿入し、フォトギャラリーの画面左上の「インポート」ボタンをクリックします。

フォトギャラリーのインポート

あとは画面の指示に従うと写真を取り込めます。

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)

コメント

  1. 自分も同じところで詰まりました…。 より:

    こんにちは。
    私も同じ悩みを抱えている者です。なんで不便にしちゃうのかワケワカランですね。
    ですが、いろいろ弄ってみたところ、同様の方法でインポートする方法を見つけました。(自動で起動はできませんが)
    手順は
    1.読み取りたいデバイスをPCに接続する
    2.マイコンピュータに表示される認識されたデバイスを右クリック
    3.画像とビデオのインポートを選択
    で、お馴染みのインポート画面にたどり着けます。
    なんで、なんで機能は残してるのに、「既定のプログラムの選択」で選べないのか益々ワケワカランです。