Windows 10への有償アップグレード

Windows 10

2016年7月28日にWindows 8.1/7からWindows 10への無償アップグレード期間が終了しました。

いろいろな理由で無償期間中にWindows 10にアップグレードしなかったPCも多いかと思います。

  • 会社がアップグレードを許可しなかった
  • 使っていたアプリがWindows 10に対応していなった

Windows 10へアップグレードできなかった原因が解決すれば、今からでも有償アップグレードできます。

スポンサーリンク

そもそもアップグレードできるのか?

そうは言っても使用中のPCのスペックがそもそもWindows 10の要件を満たしていなければ、そもそもアップグレードできません。

無償アップグレードの対象だったWindows 8.1/7のタスクトレイには「Windows 10を入手する」アイコンが表示されていました。

そのアイコンをクリックすると「PCのチェック」というメニューがあり、使用中のPCにWindows 10をインストールした場合に問題がおきないか確認できたのです。

ところが「Windows 10を入手する」アイコンは無償期間終了後のWindows Updateにより自動的に削除されています。

そのため、現在では以下のページにアクセスしてWindows 10へのアップグレードでの可否を確認します。

Windows 10はどれを購入すればいいのか?

Windows 10にはいろいろな種類があります。

無償アップグレードでは使用中のWindowsエディションによって適合するWindows 10が自動的にダウンロードされていました。

有償アップグレードでは使用中のWindowsエディションに関係なく、好きなWindows 10を選択できるメリットがあります。

Windows 10 Proは必要か?

まずはWindows 10 HomeかProかを決める必要があります。

ProはHomeのすべての機能に加え、以下の機能が使えます。

以下のうち1つでも使用するならProが必要です。

BitLocker

ハードディスクやUSBストレージ全体を暗号化できる機能です。

たとえ、Windowsにパスワードを設定してもパソコンを分解してハードディスクを取り出されればデータを見られてしまいます。

BitLockerで暗号化されたハードディスクならパソコンから取り出してもデータを見ることはできません。

ちなみにこのサイトの以下の記事はとても人気があることから、BitLockerの需要は高いと思います。

USBメモリや外付けHDD(ハードディスク)を暗号化する
USBメモリや外付けのポータブルハードディスク(HDD)に重要なデータを入れて出張に行くことがあります。 もし、そのUSBメモリやハー...

リモートデスクトップサーバー

Windowsにはリモートデスクトップというネットワーク越しに別のWindows PCを操作できる機能があります。

リモートデスクトップのクライアント機能は全てのエディションのWindowsに搭載されています。

しかし、サーバ機能はWindowsの上位エディションにしか搭載されていません。

詳細は以下の記事を参照ください。

Android、iPad、iPhone、Mac、Linuxからリモートデスクトップ接続
仕事でよく使っているWindowsのリモートデスクトップのメモです。 リモートデスクトップ(Remote Desktop)とはWind...

Hyper-V

Windows 10上で複数の仮想的なPCを動作させる機能です。

仮想的なPCにはWindowsやLinuxなどのOSをインストールし実行することができます。

Windowsドメイン参加

企業などが構築しているWindowsドメインに参加できる機能です。

ハードウエアを組み込めるならDSP版も選択可

DSPとは Delivery Service Partnerの略で安価に購入できるのですが、以下の制約があります。

組み込み必須のハードウエアとのセット販売

DSP版はWindows 10 OSとハードウエア(CPUやメモリ等)のセットです。

そしてセットのハードウェアを自分でPCに組み込み、Windows 10をインストールします。

つまり、DSP版を使うにはセットのCPUやメモリをPCに組み込めるスキルが必要です。

購入時に64bitか32bitを選択する

通常のWindows 10には64bitと32bitの両方が含まれています。

それに対してDSP版では購入時に64bitと32bitを撰択する必要があります。

もし将来、32/64bitを変更する可能性があればDSP版は避けたほうが無難です。

マイクロソフトの無償サポートを受けられない

Windowsに何か問題があってもマイクロソフトの人が来てくれるわけでもなく、このことにどれだけの価値があるのかわかりませんが、これが気になるならDSP版は辞めときましょう。

インストールメディアがDVDーROM

インストールメディアはUSBメモリでもダウンロードでもなく、DVD-ROMです。

最近のノートPCはDVDドライブがないものがほとんどです。

そうしたノートPCでは別途DVDドライブも購入する必要があります。

アップグレードインストールと新規インストール

アップグレードインストールとはWindows 8.1/7のデータやアプリを残したままWindows 10をインストールすることです。

Windows 8.1/7が32 bitであれば32 bitのWindows 10が、8.1/7が64 bitであれば64 bitのWindows 10がインストールされます。

なお、32bitのWindows 8.1/7から64bit のWindows 10、逆に64bitのWindows 8.1/7から32bitのWindows 10へはアップグレードインストールできません。

新規インストールは現在のOSやデータが削除されて、Windows 10がインストールされます。

USB版がおすすめ

Windows 10 USB 日本語

Windows 10にはダウンロード版とUSB版があります。

もし、Windowsが起動しなくなってしまい、Windows 10を新規インストールする場合はUSB版のほうが圧倒的に便利です。

しかも、USB版はダウンロード版と同じ価格ですので、USB版がおすすめです。

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)
Microsoft Public Affiliate Program (JP)