Visual Studio 2015の価格

Visual Studio

Windowsをターゲットとした開発案件では必須とも言えるのがVisual Studioです。

Visual Studioとはご存知の通り、Windowsのプログラム開発に必要なテキストエディタ、コンパイラ、デバッガなどを統合したIDE(Integrated Development Environment、統合開発環境)です。

基本的に開発に参加するプログラマー全員がこのVisual Studioが必要でライセンス費用と管理の手間は相当なものになります。

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)

旧バージョンは購入不要

現在、Visual Studioの最新版はVisual Studio 2015です。

しかし、Windowsの開発では旧バージョンのVisual Studioで開発されたプロジェクトのメンテ、または旧バージョンで開発されたプロジェクトをビルドして挙動を確認したいなど、旧バージョンのVisual Studioが必要な場面が多々あります。

そのような場合でも、旧バージョンにあたるVisual Studio 2013や2012を購入する必要はありません。

最新のVisual Studio 2015に旧バージョンへのVisual Studioへのダウングレード権が付属しているためです。

従ってVisual Studioの価格は常に最新バージョンだけを考えればいいことになります。

Visual Studio with MSDNとは

Visual Studioには名前に「with MSDN」がつかないスタンドアロンライセンスと「with MSDN」がつく標準サブスクリプションがあります。

MSDN(Microsoft Developer Network )とはマイクロソフトの開発社サポートサービスです。

Windowsを含むマイクロソフト製品とそれらの技術情報を開発のために使うことができます。

例えば特定の国向けの過去のバージョンのWindowsを開発のために使用できます。

ただし、開発以外の業務に使うことはできません。

例えばMSDNにはマイクロソフトOfficeが含まれますが、事務処理に使うことはできません。

Officeアドインの開発のためであれば使用することができます。

また、MSDNにはサブスクリプション有効期限があります。

有効期限が切れるとMSDNのサービスは使用できなくなります。

それに対し、Visual Studioは永続ライセンスのため、有効期限はなく永続的に使用可能です。

つまり、Visual Studio with MSDNとは永続ライセンスのVisual StudioにサブスクリプションライセンスのMSDNが付属しています。

新規にVisual Studio with MSDNを購入してMSDNの有効期限が切れるとMSDNのサービスは使えなくなりますが、Visual Studioは引き続き使用可能です。

引き続きMSDNも使用したい場合はVisual Studio with MSDNを「更新」で購入することになります。

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)