タイピング練習をせずに速度を上げる

C789_mbawosawarute500

管理人のパソコン作業は文章の作成が多いため、キーボードのタイピングの速度は仕事の効率に直結しています。

タイピング速度と言っても文章の場合は、日本語変換ソフト(IME)を操作するために時間をかなり取られます。

英数字以外のひらがなや漢字を入力する時はかならずIMEの操作(変換候補の撰択や変換範囲の指定)が必要です。

このようなIMEのための打鍵がタイピング速度の足を引っ張ります。

スポンサーリンク

標準のIME

パソコンの日本語OSには当然のことながらIMEが標準で搭載されています。

Macでは「ことえり」というIME、Windowsでは「MS-IME」(マイクロソフトOfficeをインストールしているとバージョンによってはOffice IME)です。

「ことえり」と「MS-IME」では日本語変換の操作体系が異なるのが、MacとWindowsの両方を使う人にとって悩みのタネの1つです。

また、MacでもWindowsでも標準以外のIMEを使うこともできます。

Google日本語入力

Google日本語入力とはGoogleが提供しているIMEです。

ことえりとMS-IMEからこのGoogle日本語を切り替えただけで、タイピング速度が上がったことが実感できました。

日本語辞書はWEBから収集

最大の特徴は日本語IMEの要である日本語辞書がWEBから収集されていることです。

そのため、ことえりやMS-IMEではよくある、変換したい候補がなかなか出てこないことがGoogle日本語入力ではほとんどありません。

的確な変換予測でタイピング速度が上がる

変換予測とは例えば、「よろ」と入力した段階で、変換候補として「よろしくお願い致します。」や「よろしいでしょうか。」などが提示されることです。

変換予測が当たれば、変換候補を選ぶだけで「よろ」以降の文字をタイピングする必要がなくなるため、結果的にタイピング速度は速くなります。

この機能はMS-IMEにもあるのですが、予測される変換候補がなかなか当たりません。

そのため、結局全文をタイピングしなければならない場合がほとんどでタイピング速度の向上につながりません。

Google日本語の変換予測が的確なのは辞書がWEBから収集されているからかもしれません。

無料で使える

Google日本語入力は無料で提供されています。

有名なIMEであるATOKは機能的にGoogle日本語入力に近いですが有料です。

MacとWindowsの両方で使える

Google日本語入力はMac、Windows、Androidで使えます。

MacとWindowsのIMEをGoogle日本語で統一してからは、IMEの操作体系の違いに悩まされることはなくなりました。

MacのF1、F2などすべてのキーをファンクションキーとして使用する

MS-IMEではファンクションキーにひらがな、カタカナ、半角カタカナ、全角アルファベット、アルファベットなどへの変換を割り当ててつかうことがよくあります。

ところがMacの場合、ファンクションキーは標準設定では「特殊機能キー」として動作します。

特殊機能キーとは音量やディスプレイ輝度を調整するキーです。

ファンクションキーとして動作させるにはfnキーを同時に押す必要があり、この同時打鍵はタイピング速度の足を引っ張ります。

特殊機能よりIME操作のほうが遥かに頻度が高いので、Macの「システム環境設定」から「キーボード」アイコンをクリックし、「F1、F2などすべてのキーをファンクションキーとして使用する」をONにしています。

F1、F2などすべてのキーをファンクションキーとして使用する

スポンサーリンク