Surface Pro 3 (サーフェス プロ 3)のOffice Premium搭載版とOffice 2013搭載版

Surface Pro 3

タブレットとしてもWindowsノートとしても使え、基本性能が高いため人気だったマイクロソフトのSurface Pro3 (サーフェス プロ 3)。

ところで、2014年10月17日より前に発売されたSurface Pro3にはOffice Home and Business 2013が搭載され、2014年10月17日以降に発売されたものにはOffice Home and Business Premiumが搭載されていました。

Surface Pro3の搭載Officeの違いはほとんど話題にならなかったようですが、Office 2016にアップグレードできるか否かという大きな違いがありました。

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)

Surface Pro3本体はまったく同じ

まずSurface Pro3の本体ハードウエアは10月17日の前と後でまったく変更がありませんでした。

強いて言えば、ラインナップにCore i3モデルが新たに加わったことくらいでした。

つまり、付属のOfficeだけが2014年10月17日から変更されたということです。

Home and Business Premiumと2013の比較

Home and Business
Premium
Home and Business
2013
Officeアプリ Word最新版
Excel最新版
PowerPoint最新版
Outlook最新版
OneNote最新版
Word 2012
Excel 2013
PowerPoint 2013
Outlook 2013
OneNote 2013
Office 2016対応 無料 別途購入
OneDrive 1TBまで無料
(1年間)
5GBまで無料

Office 2016の発売から大きく差がついた

Office PremiumとOffice 2013の最大の違いは最新のOfficeアプリが使えるか否かです。

Surface Pro 3にOffice Premiumが搭載された時点では、最新のOfficeアプリがWord 2013、Excel 2013、、、だったため、Office PremiumとOffice 2013で使えるOfficeアプリに差はありませんでした。

しかし、Office 2016が発売されるとOffice Premium搭載のSurface Pro3では無料でWord 2016、Excel 2016、、、が使えるようになりました。

それに対し、Office 2013搭載のSurface Pro3でOffice 2016を使うためには別途Office 2016を購入するはめになってしまいました。

1TBのOneDriveはOffice 365 サービスで延長する

Office Premiumのメリットの1つとしてマイクロソフトのオンラインストレージであるOneDriveが1TBまで無料で使えます。

容量についてはOffice 365 Soloと同じですね。

オンラインストレージの容量不足に悩まされていた私のような人はこの1TBのOneDriveは救世主です。

ただし、Office PremiumはOffice 365 Soloと異なりこの1TBを使えるのは1年間のみです。

1年後以降も1TBの容量を使う場合、Office 365サービスを購入することで延長できます。

Office PremiumになってもSurface Pro3の価格が変わらない不思議

マイクロソフトにしてみれば、高い開発費をかけてOffice 2016を発売しても、無料で2016を使えるOffice Premium搭載のSurface Pro3ユーザーからは開発費を回収できません。

Office PremiumはOffice 2013と違ってPCメーカーにプリインストール用として販売されるだけで小売されないため、私のような一般人がPCメーカーにいくらで売られているか知ることはできません。

しかし、普通に考えれば常に最新Officeアプリが使えるOffice Premiumのプリインストール価格はOffice 2013のプリインストール価格より高く設定されるはずです。

にもかかわらず、マイクロソフトはOffice Premium搭載のSurface Pro3の価格を従来のものから変更しませんでした。

これはOfficeの開発元であるマイクロソフト自ら製造販売するSurfaceだからできるワザで、一般のPCメーカーでは無理なことかもしれません。

真相はわかりませんが、Office Premium搭載のSurface Pro3がOffice 2013のものよりお買い得だった(過去形に注意)ことだけはわかります。

今から購入するならSurface Pro 4か?

お買い得なOffice Premium搭載のSurface Pro3は以下です。

ただ、今から購入するなら安くなったSurface Pro 4でしょうか。

Surface Pro 4 (サーフェス プロ 4) の価格
2016年7月にSurfaceが値下げされ、さらにキャンペーンが実施されているため、Surface Pro 4 (サーフェス プロ 4) が...
スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)