全画面表示のストアアプリIEを使わない設定

IE

Windows 8.1では2種類のIEがあるように見えます。

Windows 7以前と同じデスクトップ用のIEとWindows 8から追加された常に全画面のストアアプリIEです。

ストアアプリIEは使う気がなくても何かの拍子に起動してしまうことがあります。

そうするといちいち閉じるも億劫なので、ストアアプリIEが起動しないように設定しました。

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)

ストアアプリのIEを使わない方法

まず、画面下部のタスクバーにピン止めされたIEをクリックし、デスクトップ版IEを起動します。

ストアアプリIEでは設定できません。こういうふうにストアアプリIEがデスクトップ用IEに比べて機能不足なのも使えない理由の一つなんですけどね。

インターネットオプション

  1. IEの「ツール」-「インターネットオプション」メニューを選択して「インターネットオプションダイログ」を表示します。
  2. 「インターネットオプションダイログ」の「プログラム」タグを選択します。
  3. 「リンクの開き方を選択」のコンボボックスで「常にデスクトップ用Internet Explorerで開く」を選択します。
  4. 「Internet Explorerタイルをクリックするとデスクトップで開く」にチェックをつけます。
  5. 「OK」を押下して「インターネットオプションダイログ」を閉じます。

これでどんなリンクをクリックしても、スタート画面のIEのタイルをクリックしてもデスクトップ用のIEが起動するようになります。

ちなみにこの「インターネットオプション」ダイアログ内の表記を見ると、Windows 8以降、「Internet Explorer」とはストアアプリIEを指し、「デスクトップ用Internet Explorer」がWindows 7以前と同じIEを指すようです。

ストアアプリ版の「Internet Explorer」が本流で、「デスクトップ用Internet Explorer」はおまけなんですかねえ。

機能だけを見ても逆だとしか思えませんが。。。

実際はストアアプリIEはない

この設定をしたとき、ちょっと疑問に感じたことがありました。

「なぜ、デスクトップ用IEの設定画面でストアアプリのIEの挙動が変わるのか?」

です。

いろいろ調べてみると「ストアアプリIE」のプログラムモジュールは存在しませんでした。

デスクトップ用IEのプログラムモジュールが上記の「インターネットオプション」の設定を見て、モダンUI(ストアアプリのUI)を表示し、ストアアプリのように見せているだけです。

Chromeも同様

この作り方はWindows版のChromeも同様です。

デスクトップ用のプログラムモジュールで設定によってモダンUIとデスクトップのUIを切り替えられます。

つまり、Chromeはストアアプリではありません。

WindowsストアにはChromeがあるのですが、ダウンロードしようとしてもストアアプリではないのでWindowsストアからはダウンロードできず、Googleのサイトに誘導されます。

スポンサーリンク