電卓のMC、MR、MS、M+、M-の使い方

電卓

最近、電卓(バソコンの電卓ではない本物の電卓)を使う機会があります。

電卓にはMC、MR、MS、M+、M-のキーがあり、それらのキーで計算の順番を指定できたと思ったのですが、うろ覚えだったのでまとめてみます。

スポンサーリンク

電卓のメモリー機能

電卓のMC、MR、MS、M+、M-のキーは電卓の「メモリー機能」を操作するためのものでした。

キー 名称 意味
MC Memory Clear メモリーをクリアする
MR Memory Recall メモリーの値を表示する
MS Memory Store メモリーへ表示されている値を書き込む
M+ Memory Plus 表示されている値をメモリーに加算する
M- Memory Minus 表示されている値をメモリーから減算する
CE Clear Entry 表示されている値のみクリアする
C Clear メモリー以外をクリアする

計算順序を変更する

1×2+3×4=

を計算するのに通常の電卓のキーを「1」「×」「2」「+」「3」「×」「4」「=」と叩くと計算結果として「20」が表示されてしまいます。

普通の電卓は足し算より掛け算を優先して計算しないためです。

※関数電卓やiOSやMacの電卓アプリであれば上記のようにキーをたたいても正しい結果14を表示できます。

このような場合に計算順序を変更するためにメモリー機能を使います。

MC、MR、MS、M+、M-キーを次のように使うと正しい結果14が得られます。

押下順序 キー押下 表示 メモリー 意味
1 C 0 不定 メモリー以外をクリアする
2 MC 0 0 メモリーをクリアする
3 1 × 2 = 2 0 1×2の計算結果2を表示する
4 M+ 2 2 表示されている2をメモリーに加算する
5 3 × 4 = 12 2 3×4の計算結果12を表示する
6 M+ 12 14 表示されている12をメモリーに加算する
7 MR 14 14 メモリーの内容を表示する
スポンサーリンク