かな入力でタイピング

タイピング

パソコンで日本語を入力する時、以前はローマ字で入力していました。

しかし、タイピングを速くするためにローマ字からJISかな入力に切り替えました。

メールや文章作成などパソコンでのタイピングが必要な仕事が多く、日本語のタイピング速度が仕事の速さに直結するからです。

スポンサーリンク

ローマ字入力からJISかな入力に切り替えれば本当にタイピング速度が上がるのか?

ローマ字入力ではひらがな1文字を入力するために基本的に子音キー(A/I/U/E/O以外のキー)と母音キー(A/I/U/E/O)の2打鍵が必要です。

対して、JISかな入力なら基本的にひらがな1文字を1打鍵数で入力できます。

このようにJISかな入力は打鍵数がローマ字入力より少ないため、タイピング速度が速いとされています。

しかし、この話には疑問がありました。

濁音と半濁音は2打鍵必要

たとえ、JISかな入力でも「ぐ」等の濁音と「パ」等の半濁音は2打鍵が必要です。

小文字、句読点、記号、「を」はシフトキーの同時打鍵が必要

ローマ字入力ではシフトキーは不要ですが、JISかな入力では「ゃ」等の小文字、「、」等の句読点、「・」等の記号、「を」ではシフトキーの同時打鍵が必要です。

同時打鍵は単純な1打鍵よりタイピング速度が落ちるはずです。

タイプミスが増える

ローマ字入力ではキーボードの最上段のキー(数字、「-」、「^」、「¥」)を使わずにひらがなを入力できます。

しかし、JISかな入力では「ぬ」、「ふ」、「あ」、、、などのひらがながキーボードの最上段に割り当てられています。

最上段のキーを打鍵するためにはホームポジションから大きく指を離なさなければならないため、タイプミスが多くなるはずです。

そのため、理屈上はJISかな入力のほうが打鍵数が少なくても、タイプミスによる打鍵数増加により実際にはそれほど打鍵数が減らない可能性もあります。

JISかな入力の習得

当初は 「仕事しながら、かな入力を覚えよう」などと考えていたのですが、とても無理でした。

アルファベットキーの約2倍あるかなキーの位置を覚え、慣れ親しんだローマ字入力と置き換えるためには、かなりのタイピング練習が必要です。

その練習は仕事の能率を落とさずに仕事中にできるようなものではありませんでした。

タイピングソフトはローマ字専用ばかり

そのため、時間のとれる休日にタイピングソフトを使って一気に覚えることにしました。

しかし、タイピング練習ソフトは主にパソコン初心者をターゲットにしているためか、ローマ字専用ばかりでJISかな入力対応のものがほとんどありません。

入手可能なのは特打PLUS(かな入力専用の「特打倍速かな伝説」が含まれます)とKeyboard Masterのみのようでしたが、満足のいく練習はできました。

ローマ字入力には戻らない

休日にタイピングソフトで練習したとはいえ、いざ仕事でJISかな入力すると始めのうちはローマ字入力より効率が落ちました。

しかし、そこでローマ字入力には戻っては意味がないので、 頑張ってJISかな入力で仕事を続けました。

ローマ字入力からJISかな入力に切り替えた成果

今では完全にJISかな入力をマスターしています。

ではローマ字入力からJISかな入力にして何が変わったかというと、、、

キーボード音は遅いがタイピングは速い

キーボードを叩くリズムがゆっくりになったように感じます。

ローマ字入力していた頃は、ガシャガシャと大きな音でキーボードを叩き、自分では速いタイピングをしていたつもりでしたが、ひらがな1文字に基本2打鍵必要だったのに加え、タイプミスでさらに無駄な打鍵をしていただけでした。

かな入力に切り替えたことでひらがな1文字に対して基本1打鍵になり、さらにタイピング練習ソフトでタイプミスが減ったことで、打鍵数が減り、タイピング速度は上がりました。

当初心配していた最上段キーの打鍵によるタイピングミスの増加は、かな入力導入時のタイピング練習ソフトによって逆の結果になったわけです。

また、1文字タイプミスするとその文字を消すためにBack Spaceを打鍵します。 この時、

1文字に必要な打鍵数 + 1(Back Space) = 無駄な打鍵数

の無駄な打鍵が発生しますが、この式の「1文字に必要な打鍵数」がローマ字入力が基本2なのに対し、かな入力なら基本1なのがタイプミスによる打鍵数増加を抑制しているようです。

タイピング速度の向上は会議の議事録を取る時によくわかりました。

ローマ字入力自体はガシャガシャ一生懸命キーボードを打っても議事録の打ち込みが遅れることが多かったのですが、かな入力ではキーボードの音はゆっくりなのに議事録は余裕で作成できるようになりました。

日本語の音と打鍵が一致する

ひらがなは表音文字なので音と表記が一致します。

ところがローマ字入力では例えば「こんにちは」という5つの音を「konnnitiha」という10打鍵で入力します。

かな入力であれば当然、5打鍵で音と打鍵が一致します。

文章を考えながらキーボードを打つ場合、日本語の音と打鍵が一致しているとキーボード打ちが思考を妨げないようです。

これは当初まったく想定していなかった成果で、頭に浮かんだ文章がそのまま文字になるような感覚になりました。

ただし、漢字変換を始めるとローマ字入力と同様に思考が妨げられますが。

日本語と英語が完全に分離される

例えば「Mike」。

英語では多分「マイク」という人の名前でアルファベットキーでM、i、k、eと打鍵します。

表音文字であるアルファベットの「M」は「エム」と発音しますが、「マイク」の「マ」として打鍵するわけです。

「i」も「k」も同様です。

「e」にいたっては発音すらされていないにもかかわらず、わざわざ打鍵する必要があります。

それが英語のタイピングです(実際にはタイピングの問題でなく英語の問題ですが)。

では、この「Mike」のローマ字読みは「ミケ」で猫か何かの名前のはずです。

ところがローマ字入力では「Mike」のカタカナ英語である「マイク」をローマ字にしてアルファベットキーでm、a、i、k、uと打鍵するわけです。

それがカタカナ英語のローマ字入力です。

しかし、JISかな入力ならカタカナ英語の発音「マイク」をそのままかなキーで打鍵するだけです。

「Mike」という英語はアルファベットキーで入力、「マイク」という日本語(カタカナ英語)はかなキーで入力、と英語と日本語を完全に分離できるようになったため、カタカナ英語入力時の混乱がなくなりました。

ホームポジションへの執着がなくなった

以前はキーボードのホームポジションから指を離さないことがパソコンの作業効率を上げることだと考えていました。

マウスやファンクションキーの使用はホームポジションから指が離れるため、生産性を落とすと思っていました。

ホームポジションに執着していたわけです。

しかし、JISかな入力ではキーボードの最上段のキーの使用頻度が上がるため、「ホームポジョンから指が浮いた感じ」になりました。

自然とファンクションキーやマウスにも手が伸びやすくなり、結果としてホームポジションに執着していた頃よる生産性が上がりました(笑)。

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)
Microsoft Public Affiliate Program (JP)

コメント

  1. 匿名 より:

    いまも昔もプロや能力の高い人はかな入力ですよ。
    基本的に英文入力ができないとかな入力はできません。まあ、英文ができるのですからローマ字も当然できちゃうのですが。

    低スキルの人間を雇うか高スキルの人間を雇うかいわずもがなでしょ。

    ローマ字しかできない人間より英文も日本語の文章も早く処理できる人間を選びますよ。
    おもっているいじょうにローマ字入力しかできない人とかな入力できる人の差は大きいのですよ。
    主流がローマ字とか嘘ですし、プロは全員かな入力です。
    これははっきりと言えますね。
    ローマ字入力は学校でもかな入力のできない能力の低いひとだけがやっていました。
    小学生はこれから伸びていくのにわざわざ低スキルのローマ字なんか教えるのはおろか、英会話もできません。
    残念ながら、今の子はかわいそうとしか言えませんね。