家計簿をエクセルでつけるのをやめた理由

家計簿

独身時代、家計簿という程のものではなかったのですが、お金の管理はエクセルでしていました。

結婚してからは嫁が紙のノートに家計簿をつけていたのですが、計算が面倒なのでエクセルで家計簿をつけるようになりました。

家計簿をエクセルでつけるのは便利でした。

しかし、今はエクセル家計簿は使っておらず、代わりにインターネット家計簿サービスを使っています。

なぜ家計簿をエクセルでつけるのをやめたのか、その理由をまとめてみます。

スポンサーリンク

スマホでもパソコンでも使える

家計簿をエクセルでつけるようになったのはスマホが登場するより遥か前です。

手軽なスマホで使える家計簿アプリが気になってはいたのですが、使う気にはなれませんでした。

データをスマホに保存する家計簿アプリだとスマホを機種変更したら過去の家計簿が見れなくなってしまうためです。

エクセルならファイルをUSBメモリ等に保存しておくだけでパソコンを買い替えてもまったく問題なく使えるのです。

しかし、この問題を解決するスマホの家計簿アプリが登場しました。

インターネット家計簿サービスと連動するタイプの家計簿アプリです。

iPhone、Android、パソコン(Windows、Mac)で使えるのですが、入力した家計簿データはすべてインターネットに保存されます。

データがネットに保存されることでスマホやパソコンを買い替えても過去の家計簿が見れなくなる心配がゼロになるばかりか、私が会社の販売機でジュース一本買っても忘れないうちにすぐにスマホで家計簿入力できるようになります。

データがインターネットに保存されるのですから私がスマホで入力したデータは嫁が家のパソコンですぐに見ることができます。

帰宅してからパソコンを起動し、「さあ、家計簿をつけるぞ」みたいな義務的に感覚はまったくなくなりました。

エクセルでもファイルをインターネットに保存することで似たようなことはできなくはないですが、やっとできるといった程度の代物でとても実際にやる気にはなれません。

そもそも家計簿をつける必要がない

先程、「ジュース一本買っても忘れないうちにすぐにスマホで家計簿入力できる」と書きましたが、家計簿入力するのは現金でジュースを買うからです。

我が家で使っているマネーフォワードというインターネット家計簿は、クレジットカードや銀行口座を登録しておくと、カードの利用明細や口座の履歴を自動的に取り込んでくれます。

つまり、現金以外の支出はそもそも入力する必要すらありません。

販売機のジュースも最近流行のnanacoやwaon対応の販売機なら入力する必要はありません。

マネーフォワードはnanacoやwaonの利用履歴も取り込めるからです。

しかも、個々の利用明細や口座履歴に対し、費目(食費やローン返済等)まで自動で割り振り、自動で家計簿を作ってくれるのです。

もちろん自動なので後から確認して修正する必要がある場合もありますが全部入力する手間に比べたら雲泥の差です。

ここまでくるとエクセルの家計簿ではまったく太刀打ちできません。

マネーフォワードを数日使って家計簿をエクセルでつける意味はもうなくなったと痛感させられました。

この「オフィス」ブログとしては残念な結論ですが、家計簿はエクセルではもう無理です。

家計簿の本来の目的を再認識

インターネット家計簿サービスで1つわかったことがあります。

家計簿は家計を分析するためにつけるものです。

そんなの当たり前じゃないかと思われるかもしれません。

しかし、紙の家計簿でもエクセルの家計簿でもそうだったのですが、どうしても「家計簿をつける」ことに時間を取られてしまって肝心の家計分析の時間が取れなくなっていたのです。

インターネット家計簿なら基本的に入力の必要がない(マネーフォワードの場合です。単純にネットにデータを保存するだけでカード利用明細や口座履歴の取り込みができないインターネット家計簿もあります)ため、アプリでやることは「家計簿をつける」ではなく「家計を分析する」ことになります。

イヤでも自分の家の家計の問題点が見えてきます。

エクセルで家計簿をつけている方、これからエクセルで家計簿をつけようとしている方は騙されたと思って試してみてください。

スポンサーリンク