一番簡単な家計簿のつけ方

家計簿

いろいろな家計簿アプリを試行錯誤し、マネーフォワードに落ち着いたのは以前に書いたとおりです。

以前の記事からさらに数ヶ月マネーフォワードを使い込んだ今、我が家の「家計簿のつけ方」がどう変わったのか整理してみます。

家計簿入力という手段が目的となっていた

家計簿をつけるそもそもの目的は家計を分析して無駄な支出を削減するためでした。

しかし、我が家の場合、どうも「家計簿をつける」という手段が目的と化してしまっていて、家計簿をつけただけで本来の目的である家計の分析は全然できていませんでした。

たとえスマホやパソコンを使っても家計簿をつけるのはなかなか大変で「家計簿をつけた」だけで満足してしまい、家計簿本来の目的だった「家計の分析」まで辿りつけなかったのです。

たまに「そういえば家計簿つけてるんだから家計分析しないとなあ」と思い、スマホやパソコンの分析画面を眺めるのですが、家計簿つけしないといけない支出がどんどんやってきて家計簿つけに忙殺され、本来の目的は達成できないという悪循環に陥っていました。

さらに悪いことに私(嫁はそうでもなかったのですが)は「おすすめ家計簿アプリを探す旅」に出てしまっていて、そもそもの目的である家計分析からは完全に逸脱したことをしていました。

データ入力しない家計簿のつけ方

しかし、私の「おすすめ家計簿アプリを探す旅」はマネーフォワードを1週間ほど試した頃、終わりを迎えました。

マネーフォワードは銀行口座やクレジットカードの履歴を解析し、驚くことに自動で家計簿に金額と項目が記入されていきます。

データ入力する必要があるのは現金での収支だけです。

それでも、外出先などで現金でジュースなどを買ったらすぐにスマホで家計簿に入力できています。

マネーフォワードは家計簿データがクラウド(インターネット上の記憶領域)に保存されるため、複数のスマホ(iPhone/Android)やパソコンから入力・閲覧ができるためです。

入力する必要があるのは現金収支だけ、我が家の場合は現金収入なんてないので現金支出だけです。

そんなわけで現金を使ったらその場でスマホで入力、が定着しました。

以前はクレジットカードの支出も入力する必要があったため、とりあえずレシートをとっておいて後で時間が取れる時に入力、でしたからマネーフォワードによって家計簿のつけ方は劇的に変わりました。

家計分析以外にやることがなくなった

こうなるともはや家計簿アプリでやることは家計分析以外になくなりました。

まあ、本来はその家計分析が家計簿アプリの目的のはずですが、今までは家計簿アプリを使う時間のほとんどをデータ入力に費やしていたわけです。

また、以前はあんなに頑張って家計簿入力してたのに不定期の銀行引き落としやWAONでの支出は入力していなかったことに気がつきました。

マネーフォワードでそれらが自動入力され、分析画面に現れたからです。

「ああ、本来はこういうのに気づくために家計簿をつけるんだなあ」としみじみ思いましたね。

一番簡単な家計簿のつけ方とは?

結論、一番簡単な家計簿のつけ方とは家計簿をつけない事。

我が家の場合、現金での支払いはほとんどなく、クレジットカードか電子マネーで支払っています。

ポイントなどを駆使して少しでも節約するためです。

そうなるとクレジットカードや電子マネーの使用履歴をわざわざ手入力せず、マネーフォワードで家計簿に取り込むのが理にかなっているわけです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク