現在のFAX番号をそのまま使えてスキャナも不要のインターネットFAX

ファクス

最近はFAX(ファクス)を使うことが少なくなりました。電子メールなら通信料は無料だし、紙も必要ありませんからね。

そうはいっても仕事などでFAXが必要な場面はいまだにあり、あと数年はFAXにつきあわざるをえないと思っています。

しかし、FAXにはダイレクトメールもよく送られてきます。FAXのインクと用紙を無駄に浪費するため、迷惑電話以上に迷惑です。

そこで検討しましたよ、インターネットFAXを。

スポンサーリンク

インターネットFAXの問題

以下のようなインターネットFAXならインク代も用紙代もFAX機もFAX回線も不要です。

一見、大変素晴らしく思えますが、大きな落とし穴がありました。

現在のFAX番号を変更する必要があることです。

一度周知したFAX番号を引越などの事情無しに変更するのは常識的ではありません。

また、インターネットFAXには紙の資料はスキャナでPCで読み込まないとFAX送信できない問題もあります。

ひかり電話のFAXお知らせメール

FAXお知らせメール

ひかり電話とU-NEXTひかり電話は「FAXお知らせメール」というサービスを提供しています。このサービスは

FAXお知らせメールは、自宅や会社にFAXがあったことを、あらかじめ指定したパソコンや携帯電話のメールへお知らせし、パソコンからFAX内容を確認することができるサービスです。

と説明されていて「インターネットFAX」とは言ってませんが、これって実質的に受信専用のインターネットFAXですよね。

インターネット回線がひかりなら

使用中のインターネット回線がひかり、またはU-NEXTひかりなら簡単に現在のFAX番号をそのまま使ってインターネットでFAX受信できます。

まず、FAX回線を固定電話からひかり電話に変更します。固定電話と光電話は何が違うかですが・・・

料金は安くなる

固定電話の基本料は契約によって月額1,450円から2,750円ですが、ひかり電話に変更すると月額500円に下がります。

さらにFAX回線は主回線とは別の番号にしていることが多いと思いますが、主回線もひかり電話とし、FAX回線をマイナンバーという扱いにすると主回線の基本料が500円、FAX回線が100円となります。

つまり、主回線とFAX回線の基本料がわずか600円となります。

固定電話の通話料は距離と時間帯によって違いますが、ひかり電話は一律3分8円です。

ひかり電話の制限

ひかり電話には残念ながらいくつの制限があります。

  • 停電中は通話できない。
  • 114など、一部かけられない番号がある。
  • 国際フリーダイヤル等(010-800で始まる番号)に接続できません。

FAXお知らせメールを開始する

ひかり電話のオプションである「FAXお知らせメール」に申し込みます。

利用料は月額100円です。1,000円の間違いではなく月額100円です。

そして、FAXお知らせメールの設定ページへ接続で、FAX代行受信を「開始」に設定します。

「開始」設定するとFAX機には着信しなくなり、FAXは受信用サーバーが代行受信するようになります。

サーバがFAXを受信すると通知メールが来ますので、バソコンで受信サーバ内のFAXの内容を確認します。

FAX送信はいままで通りFAX機から

FAX代行受信を「開始」にするとFAX機には着信しなくなりますが、FAX送信は今まで通りFAX機からできます。

通常のインターネットFAXのように紙の資料をスキャナでPCにスキャンしてからFAX送信する手間はありません。

インターネット回線がひかりでないなら

残念ながら「FAXお知らせメール」サービスは使えません。
電話とインターネットを合わせた料金は安く可能性は大ですので、インターネットをひかりに検討する価値はあるかと思います。

また、U-NEXTひかりであればNTTのひかりより安い月額費用でインターネットを利用できます。

スポンサーリンク