Evernoteをファイルシステムとして活用する

Evernote

パソコンで仕事をしていると大量のファイルをどう整理するのか頭を悩ませることがよくありました。

ワープロで作った1ページだけ文書、ちょっと計算した表計算ファイル、仕事の記録写真、、、

そういうファイルはいわゆる階層フォルダに整理して保存していました。

階層フォルダとはフォルダの中に複数のフォルダがあって、そのフォルダの中に複数のフォルダとファイルがあって、、、

というファイルシステムの持つ階層構造です。

しかし、ファイルの数が増えてくると階層フォルダを整理するのに時間をとられるようになります。

しかも時間をかけてファイルを階層管理しても、「昔作ったあのファイルはどこにあったっけ??」と階層フォルダ内を探しまわり、なかなかファイルが見つからないことがよくあります。

スポンサーリンク

Evernoteの添付ファイルならすぐに見つかる

Evernoteのノートにはファイルを添付することができます。

そして添付したファイルはEvernoteの検索機能で探すことができます。

さらにファイルと一緒にファイルについてのメモ等の情報を付け加えることもでき、それらも検索対象になります。

ノートにはサイズ制限(ベーシックで25MB、プレミアムで200MB)があるため、あまり大きなファイルは添付できませんが、パソコン内の大量のファイルのほとんどは1ページの文書など、小さいファイルだったため問題にはなりませんでした。

簡単にEvernoteにファイルを登録する

ファイルを階層フォルダでなくEvernoteで管理するためには、

  1. Evernoteで新規にノートを作成する。
  2. ノートにファイルを添付する。
  3. 添付した元のファイルを削除する。

という手順でEvernoteにファイルを登録できます。

しかし、この手順はちょっと面倒です。

Windows版Evernoteのインポートフォルダ機能

Windows版のEvernoteでは「ツール」-「インポートフォルダ」メニューから「インポートフォルダ」を登録できます。

Evernoteはインポートフォルダを監視し、フォルダにファイルが追加されるとそのファイルを自動でEvernoteに登録し、元のファイルを削除します(削除しない設定もできます)。

つまり、ファイルをインポートフォルダに放り込むたけで、ファイルはEvernoteで管理できるようになるわけです。

Mac版のEvernoteでインポートフォルダを実現する

しかし、Mac版のEvernoteにはどういうわけかインポートフォルダの機能がありません。

そのため、Macに搭載されているAutomatorいう自動化の仕組みを使ってWindows版Evernoteのインポートフォルダと同等の仕組みを作ってみました。

インポートフォルダを作成する

Mac内の適当な場所にインポートフォルダになるフォルダを作成します。

Automatorで「フォルダアクション」を新規作成する

Automatorアプリを起動し、「ファイル」-「新規」メニューを撰択し、「フォルダアクション」を新規作成します。

フォルダアクション

Automatorでインポートフォルダを指定する

Automatorの右上にある「フォルダを撰択」のコンボボックスで1.で作成したインポートフォルダを指定します。

これでインポートフォルダにファイルが追加されるとアクションが実行されるようになります。

Automatorにシェルスクリプトを追加する

Automatorの左側にある「ライブラリ」から「ユーティリティ」を撰択します。

すると「シェルスクリプトを実行」が現れるので、それをAutomatorの右側にドラックします。

「シェル」は「/bin/bash」を選択します。

「引数の引き渡し方法」は「引数として」を撰択します。

そしてインポートフォルダに入れられたファイルをJavaScriptに渡すためのシェルスクリプトを記述します。

for f in "$@"
do
    osascript -l JavaScript "JavaScriptファイルのフルパス" "$f"
done

AppleScriptであれば直接Automator内に記述することもできるのですが(後述)、AppleScriptはMac専用な上に言語仕様が古臭いので、あまり好きではありません。
そのため、私は一般的なJavaScriptを使っています。

JavaScriptファイルを作成する

適当なテキストエディタで以下のようなJavaScriptを記述します。

インポートフォルダ内のファイルのファイル名をタイトルとするEvernoteのノートを作成し、ノートファイルを添付しています。

ノート作成後、インポートフォルダのファイルは削除しています。

function run(argv) {
  var app = Application("Evernote")
  var note = app.createNote({
  title: argv[0].split(/[\/]/).pop(),
  withHtml: "", attachments: [Path(argv[0])]
})
app = Application("System Events");
app.delete(app.diskItems[argv[0]]);
}

Evernoteの容量を増やす

ファイルシステムとして活用しはじめるとEvernoteの容量が不足しがちになります。

容量の増やし方はこちらを参照してください。

Evernoteの容量を増やす
Evernoteは単なるデジタルノート以上に便利に活用しています。 Evernoteに直接打ち込む単純なメモ書きにとどまらず、紙の書類...
スポンサーリンク