夏タイヤで雪道を走る

雪道

年数回の積雪と稀にスキーに行くために、以前はスタッドレスタイヤを使っていました。

しかし、年数回の積雪と稀に行くスキーのためにスタッドレスを購入し、夏タイヤと交換し、冬が終わるとまた夏タイヤに交換するのはあまりにも不経済のうえ、交換したタイヤの保管場所にも困っていました。

タイヤチェーンも持っているのですが、雪道と除雪された道が交互に現れる場面は多く、チェーンをつけたり外したりが面倒です。

通年履き続けられる冬タイヤがあればいいのですが、スタッドレスでは次のような問題のためとても無理です。

  • 路面の熱でスタッドレスタイヤのやわらかいゴム部分が硬化し、消耗が早い。
  • 路面温度が高い(0度以上)だとスタッドレスタイヤの本来のグリップ力を発揮できない。
  • スタッドレスタイヤは夏タイヤと比較して一般路での性能が低い
    • 燃費が悪い
    • 制動距離が長い
スポンサーリンク

チェーン携行が前提、かつ自己責任ですが

そのためスタッドレスタイヤが寿命を迎えてからは新たなスタッドレスの購入も履き替えもしていません。

ではチェーンをつけたりはずしたりを繰り返してるのかというそうでもなく、ある程度の雪道を夏タイヤで走っています。

もちろんチェーンは携行しています。

また、この記事の内容についてはあくまで自己責任です。

CFtタイヤ

以前は「CFtタイヤ」というタイヤを履いていました。

CFtタイヤとは夏タイヤにスノー性能を融合させたタイヤです。

タイヤの外側と内側で異なるパターンになっていて、外側が夏性能重視のパターン、内側が冬性能重視のパターンという面白い構造になっています。

CFtタイヤ

スタッドレスタイヤではなく、あくまで夏タイヤなのですが、ちょっとした雪道であればタイヤ内側の冬性能重視パターンで走れてしまうというわけです。

CFtタイヤで雪道を走ると

私の住んでいる平野部であれば、スタッドレスのように「雪を踏みしめてる」感覚があり、安心して運転することができました。

タイヤチェーンを持っていても、雪道に入ってからチェーン装着までの間、夏タイヤで雪道を走らざるをえない場合は多いですが、ちょっと気を抜くとすぐに滑ってしまいます。

そんな普通の夏タイヤでの雪道走行とCFtの雪道走行は明らかに違いました。

急な坂道は登れない

我が家の駐車場は急な坂道の上にあります。

たとえCFtでもさすがに急な雪の坂道は登れませんした。

ちなみに車はFFです。

坂道の距離はわずかで携行していたタイヤチェーンをつけるのも面倒なので、一度車から降りて坂道だけ除雪し、駐車場に戻ることができました。

CFtはあくまで夏タイヤなのでこれは仕方ないでしょう。

タイヤもネットで購入できる

ちなみにCFtタイヤはネットで購入しました。

ネット通販なら安く購入できたためです。

タイヤをネットで購入すると言うと「取り付けはどうしたのか?」とよく聞かれます。

聞かれるのは以下のような背景があるからです。

  • ディーラーにタイヤの持ち込み交換の工賃を聞いたことがあるのですが、通常工賃の3倍と言う話でした。
  • いくつかのカー用品店でも同様の質問をしたことがありますが、ディーラー同様の「持ち込み特別高額料金」か「持ち込み交換お断り」のどちらかでした。

しかし、実際にはネットでタイヤを購入し、近くのガソリンスタンド・整備店で取り付けてもらえるサービスがあります。

ただ現在、CFtタイヤはネットで購入しずらくなってしまいました。

スプレー式タイヤチェーン

CFtタイヤを履いていた車は下取りに出し、新車を購入しました。

新車なのにCFtタイヤに履き替えるのもなんなので、今はスプレー式タイヤチェーンを使っています。

その名の通り、タイヤにスプレーするとチェーンのような効果を発揮するというものです。

スプレーによってタイヤ表面にミクロのスパイクを張り付けているようです。

あくまでチェーン携行、かつ自己責任ではありますが、積雪が年数回の地域なら試してみる価値はあると思います。

スポンサーリンク