Apple TVやChromecastではなくFire TVを購入する理由

Apple TV

子供がiPad miniに夢中でいつも気がつくと子供がiPadでYouTubeを見ている状況でした。

まだ小さいのでゲームは無理でもっぱらYouTubeです。

こういうアンパンマンのおもちゃ動画とかを面白がって見てるわけです。

iPadの時間は制限してはいたものの、気になるのは視力への影響でした。

もともとタブレットと目との距離は近いですが、ちょっと目を話すとタブレットに顔を近づけ過ぎてる状態です。

そこで考えたのは子供にYouTubeを見せるならテレビがいいんじゃないかということです。

テレビなら画面と目の距離を充分に離せますからね。

スポンサーリンク

YouTubeをテレビで見れる製品はゴマンとあるけど・・・

YouTubeの動画をテレビで最安値を探すための製品はたくさん売られています。

ただ、どれもこれもiPadでYouTubeを見るような操作性とはほど遠そうな製品ばかりです。

子供はiPadのフリックで動画を次々と切り換えるのも気に入っているので、押しボタン式のリモコンなど問題外です。

子供でもiPadやiPhoneから快適に操作できる以下の製品が選択肢となります。

 Fire TV、Apple TV、Chromecastの違い

Fire TV Apple TV Chromecast
Amazonプライムビデオ
hulu
dTV
U-NEXT
auビデオパス

Apple TVは第4世代からHDMI-CEC対応

これらの製品はすべてHDMI(High Definition Multimedia Interface)のケーブルでテレビに映像と音声を送ります。

そこまではスペックをみればすぐわかるのですが、ではHDMI-CEC (HDMI-Consumer Electronics Control)には対応しているのでしょうか?

HDMI-CECとは映像と音声だけでなく、テレビの電源ONや入力切り替え等の制御信号をテレビに送るための規格です。

例えば、HDレコーダーは電源を入れるとHDMI-CEC経由でテレビの電源を入れ、テレビの入力をレコーダーのHDMIに切り替えます。

Fire TVもChromecastもHDMI-CECには対応しているのですが、Apple TVは第3世代までHDMI-CECに非対応でした。

第3世代以前のApple TVではテレビのリモコンでテレビの電源を入れてテレビの入力をApple TVのHDMIに切り換える、というスマートでない儀式が必要になり、使い勝手がFire TVやChromecastに比べて大きく劣ります。

iPadやiPhoneの使い慣れたYouTubeアプリからテレビ出力を指示するだけでテレビの電源が入り、テレビでYouTubeが見れる。

この当たり前のことが第3世代以前のApple TVではできません。

Apple TVは未対応の動画配信サービスが多い

Apple TVはU-NEXTにもAmazonプライムビデオにも未対応で、3機種の中では視聴できる動画配信サービスが少ないです。

未対応の動画配信サービスでもiPhoneやiPadのアプリで視聴し、AirPlay経由でAppleTVで無理矢理見る方法もありますが、それでは安定して視聴できません。

Amazonプライムビデオが決定的

AmazonプライムビデオとはAmazonプライム会員に提供される動画見放題サービスです。

年会費3,900円、つまり月あたり325円で以下のような作品が見放題になります。

このAmazonプライムビデオに対応しているのはFire TVしかありません。

そんなわけでApple TVやChromecastよりFire TVということです。

スポンサーリンク